2018年02月05日

チャンパサックの会社、農家のキャッサバ作物を購入

チャンパサックのある企業は、地方自治体との間で、中国への輸出のために、市場価格で、県の3つの地区の農家によって栽培されたすべてのキャッサバの購入について交渉を開始している。 Khounsub ImportExport Companyは最近、県のSoukhouma地区にキャッサバ乾燥プラントを建設し、農家からキャッサバを購入する地方当局との覚書(MOU)に署名した。この動きは、Champassak、Mounlapamok、Soukhouma地区の農家が直面している困難を解決して、作物の市場を見つけるのに役立つはずである。 Soukhouma地区知事 Somsy Maninin氏は、MoUが、これらの地区の農家からキャッサバを購入することに対する同社の関心を反映しているとビエンチャン・タイムズに語った。 「市場が利用可能であることが分かったので、農家に市場価格で農作物を販売するよう引き続き促す」と同氏は述べた。 「実際、農家は、より高い価格を提供する会社に作物を売ることができる。ソムジー氏は、バチェン地区に本社を置く同社は、キャッサバ乾燥エリアを建設するために30億キップを費やすことになり、このKhounsub ImportExportは地元の農家から大量のキャッサバを購入する。しかし批評家は、以前ビエンチャンのPakngum地区にあるLaoIndochina Group Public Companyが多数の農家から供給されたキャッサバの支払いに失敗したような歴史を繰り返さないようにするためにも、当局が農家と密接に協力して確実に定期的な作物の支払いを受けられるようにする必要があると述べている。多くの農家によってChampassak、Mounlapamok、Soukhouma地区では、1,000ヘクタール以上のキャッサバが栽培されており、農家は今年受諾可能な価格で作物を販売することを望んでいる。同社は、キャッサバ種子の提供、技術トレーニング、収穫後の作物の購入に尽力している。過去3つの地区の過去の農家では、余分な収量の市場がないことが分かったため、作物を多く育てることに消極的であった。 Champassak県にある既存のキャッサバ加工工場はPathoumphone地区にあり、離れているので、Champassak、Mounlapamok、Soukhouma地区の農民はキャッサバを低価格で仲介業者に売却しなければならなかった。 「現在、農業従事者は市場があり、彼らはより多くの収入を得る目的で、より多くのキャッサバを栽培する見通しに喜んでいる」とSomsy氏は語った。キャッサバはシャンパサック県のいくつかの地区で栽培されており、そのうち200ヘクタールがSoukhouma地区で栽培されている。農家はまた、コメやその他の商業作物を栽培して生計を立てている。関係者は、農家が農作物を売り、信頼できる市場を持つことができると確信すれば、国境を越えてタイで仕事を探す人も少なくなるだろうと述べた。

【2018年02月05日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 農業

2018年02月02日

輸出の急増は貿易黒字2億6,100万ドルをもたらす

政府は、2017年の輸出入総額が93億4,500万ドルに達し、2016年に比べて11%の増加となることを確認した。輸出額は4,803百万ドルとなり、2016年に比べて13.4%増加した。 輸入額額は4,542百万ドルとなり、2016年と比べて7.6%の増加となった。これは貿易黒字2億6,100万ドルをもたらした。昨年のビエンチャンでの商工業部門の年次総会で、Khemmani Pholsena 商工大臣は報告した。政府と他国との貿易協力政策、特に近隣諸国との国境貿易のために輸出が増加したとKhemmani氏は述べた。より大きな協力は、政府と企業がより緊密に連携し、より多くの合同貿易協定に調印する機会を作り出し、輸出製品には電気、金、衣類、砂糖、ビデオ、カメラ部品などの製造品、米、コーヒー、キャッサバ、ゴムおよびスイートコーンなどの農産物、穀物から作られた加工品や果物が含まれているとKhemmani氏は述べた。電気輸出額は20.9%、金は53%、ビデオとカメラの部品は8.6、衣料品は5.9%、砂糖は115.6%、キャッサバは69.6%、コーヒーは117%、ゴムは115%、スイートコーン 86.4%。加工穀類製品の輸出額は128%増加し、果実は99.6%、飲料は33%増加した。ラオスは、主にタイ、中国、ベトナム、インド、日本、ドイツ、米国に輸出している。輸出上位の県は、電気、コーヒー、スイートコーン、キャッサバ、ゴム、砂糖、および屠殺された牛を販売するChampassak、Saravan、Attapeuである。輸入に関しては、ディーゼル、ガソリン、ガス(灯油)を含む燃料の価値は17%、金属と金属の品目は22.21%、機械は12.5%、砂糖は66.9%増加した。対照的に、輸入電気量は18.8%減少したとKhemmani氏は述べた。自動車やスペアパーツ、燃料、電気機器、機械および建設資材は、大部分の輸入品を構成する。ラオスは主にタイ、中国、ベトナム、日本、韓国、インドネシア、シンガポールから輸入している。会議に出席する当局者は、生活費の上昇による影響を緩和するための製品価格、サービス料、措置の規制について議論した。ミーティング参加者はまた、中小企業の開発、加工産業の開発計画、および中央政府および地方自治体の産業界と商業の発展に向けた関連セクターとの調整の必要性について議論した。

【2018年02月02日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易

2018年02月01日

ラオスは日本との貿易赤字2700万ドルの見越し

ラオスは、産業財務省によると、今年の日本との貿易赤字は2700万ドルを超えると予想している。政府は、輸入額8890万ドルに対して日本への輸出額は6,180万ドルを超えると予測している。これは、ラオスの輸出が7,470万ドル、輸入が7,330万ドルと、2017年に約600,000ドルの日本との貿易赤字に続くものである。日本に輸出される製品には、靴、衣類、生コーヒー、電気設備、黒と白の木炭、木製品などがある。ラオスは、2013年に日本向けに輸出された商品から6414万ドルを集め、2014年には5,190万ドルに減少、2015年には再び5,480万ドルに減少、2016年には5,800万ドルに戻っている。ラオスと日本は、両国政府の関係が強化されるにつれて協力が強化されてきた。日本は現在、ラオスのインフラ整備事業や社会開発事業のトップドナーとしてランクされている。ラオスは公的部門と民間部門の両方から、特に日本の投資家や企業から外国人投資家を引き付けており、昨年130人以上の日本企業がラオスの様々な分野に投資したと日本大使館が報告している。ラオスと日本は、二国間外交関係の強化とアセアン加盟国の強化を継続してきた。ラオスと日本は、2015年に国交樹立60周年と二国間関係と二国間の協力の成功を祝っている。日本大使館によると日本政府は、公的開発援助、日アセアン統合基金、日メコン協力、日アセアン協力、その他の二国間・多国間協力など様々な枠組みを通じ、アセアン共同体の構築を全面的に支援してきた。日本はまた、政治、安全保障、経済などの様々な分野での統一と中心性を固めようとするアセアンの努力を完全に支持している。アセアンは2013年以降、日本企業の外資最大投資先であり、日本へのアセアン観光客の数は近年倍増し、2015年には210万人に達している。

【2018年02月01日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易

2018年01月31日

WTOの下での貿易円滑化協定の加速を目指す

ラオスは、世界貿易機関(WTO)のカテゴリーBに基づく貿易円滑化に関する合意を実施するための時間枠を設定し、カテゴリーCでの技術援助と資金調達を模索している。ラオスは2013年にWTO加盟協定を批准したが、貿易円滑化に関する協定は、首都での協議会では確実な問題として早い段階で起こりえることではないと聞いている。さらに、ラオスは、最低開発途上国と発展途上国のグループの一員であるため、これらの協定に関連する時間枠およびその他の措置の設定に関して、準備する時間を与えられている。貿易円滑化に関する協定の実施状況を評価するために、WTOのガイドラインに沿って前進するというコミットメントの一環として、貿易円滑化に関する協定の実施を評価するために、商工省下の輸出入部がビエンチャンで協議会議を開催した。この会合は、輸出入部のKhemdeth Sihavong副総局長が議長を務め、貿易開発施設マルチドナー信託基金(TDF 2)の後援を受けた。Khemdeth氏は、政府がラオスで適切なビジネス環境を構築する努力の一環として、貿易円滑化を改善するために努力していると語った。
「最も重要なのは、我々は国際基準に沿った貿易システムの近代化、特にWTOによって標準化された貿易円滑化に関する協定の近代化に取り組んでいる」と付け加えた。Khemdeth氏は、この協定を実施することは、2017年から2022年までの貿易円滑化と促進の優先事項の1つであると述べた。 「カテゴリーBは、TDF事務局によって最終決定された初期実施期間を測定するが、法的改善のためにはまだ時間が必要であり、カテゴリーCは国際機関からより多くの時間と援助が必要」と付け加えた。 2013年にラオスがWTOの加盟国として正式に承認されたにもかかわらず、国際基準を満たすためには、様々な貿易円滑化措置の継続的な改善が必要である。協議会の結果は正式に公表されなかったが、TDF事務局の技術責任者によると、参加者の大部分は2018年12月31日までにカテゴリーB対策の実施に合意した。

【2018年01月31日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易

2018年01月30日

フォーラム ラオスをデジタル時代に導く

第1回デジタルフォーラムがビエンチャンで開催され、世界的なデジタル経済革命とラオスの中小企業の潜在的利益、そしてこのデジタル経済の恩恵を受けるために必要な政策環境に焦点が当たった。若手起業家と米国大使館は、ラオスのICT商業協会、ラオス全国商工会議所、科学技術省、郵政省と提携してイベントを開催した。米国国際開発庁(USAID)は、ラオス・インターナショナルとアセアン統合(LUNA)プロジェクトを通じてこのフォーラムを支援した。アメリカの企業であるMicrosoft、Visa、Facebookがスポンサーになっている。 Keonakhone Saysoulien氏、科学技術省のデジタル技術局長は、ラオスの現在のデジタル技術に関する最新情報を提供した。情報化時代には、技術とイノベーションの発展が急速に拡大した。デジタルへの転換は、先進国が進展する上で重要な要素である。デジタル技術は仕事の効率を向上させるツールであるだけでなく、日常生活においても重要な役割を果たしている、と彼は述べた。ラオスは、国際市場にリンクするためには、経済成長と開発を加速し、地方レベルで中小企業のマーケティングを強化するためにデジタル技術の使用を改革する必要がある、と彼は付け加えている。 Phoukhong Chithouplok氏は、ラオスの情報通信技術(ICT)の推進に使用された政策と規制に関するプレゼンテーションを行った。 「私はスマートフォンを手に入れ、Bolaven Plateauからコーヒーを注文し、Huaphan県の絹織物とXieng Khuang県のもっちりとした米を注文し、オンラインで支払い、それをビエンチャンの私の家に届けさせることを楽しみにしている。それはデジタル経済の力であり、未来への私のビジョンはそれほど遠くはない」Facebookの成長パートナーシップであるHuy Nguyen TuongはFacebookの新しいイニシアティブ「ラオスの無料基礎」ラオスのインターネットサービスとFacebookへの無料アクセスを提供するプログラムを発表した。アセアンは、主に携帯電話の使用量が増加することにより、インターネット利用において世界で最も急速に成長している地域である。 2006年から2015年の間に、アセアンのモバイルインターネットユーザー数は198百万人から7億8400万人に増加した。アセアン地域の急速な経済成長と大規模な青少年の人口は、この地域がデジタル経済の恩恵を受ける態勢が整っていることを意味している。

【2018年01月30日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | IT

2018年01月29日

ビジネス紛争解決を強化する新法

ラオスの事業者には、ビジネスのさまざまな側面を管理するための一般的に受け入れられている原則や規制がないため、さまざまな課題がある。政府関係者は先週、民間セクター代表と会談し、経済紛争解決法の改正について議論し、ラオスでの事業運営の改善と事業者と政府の双方に利益をもたらすことを目指した。ラオスは現在、世界銀行が発行している「Ease of Doing Business」リストで、昨年139位であったが現在は190カ国中141位に位置しており、10カ国のアセアン加盟国のうち9カ国目である。ラオスの格付けを向上させるために、中央レベルから地方レベルへの規制や行政の仕組みの改善に積極的に取り組んでいる。先週のワークショップのオープニングで、ラオス商工会議所(LNCCI)のオウデット・スヴァンナヴォン氏は、Thongloun Sisoulith首相はラオスが投資とビジネス環境を大幅に改善する必要があるとし、2020年までに事業の容易さのランキングで2つ上げる必要があると述べた。オデット氏は、ワークショップが法案の改善と内容の明確化に役立ち、その後政府に提出させることを期待している。米国政府が資金を提供するLUNA IIプログラムは、ラオスへの貿易と投資の促進を目的としている。このプロジェクトの目標は、経済的機会を創出し、国の生活水準を向上させることである。LUNA IIのチーフ、ダニエル・フィッツパトリック氏は、「我々の主な任務は、ラオスが貿易約束を遵守することを支援することである。我々はラオスが世界貿易機関とラオスが米国と二国間貿易協定(USLBTAと呼ばれることもある)の下でラオスが行った約束に主に焦点を当てる。貿易協定は、商業紛争の解決の手段として仲裁を利用可能にするために、米国とラオス両国に求める。さらに、各当事者は、そのような報奨を承認し、実施するための制度と手順を確立する必要があるとフィッツパトリック氏は述べている。これらの問題はいずれも、経済紛争解決法の草案で取り上げられている。これがLUNAUが法を修正するための法務省の取り組みを支援している理由だとフィッツパトリック氏は述べた。経済紛争法に関する草案が掲載されたとき、LUNA IIがこのイベントでLNCCIを支援することは当然のようだと付け加えた。 LNCCIは公的な私的対話を促進するという任務を果たし、USAIDのLUNAはラオスが仲裁制度を発展させるのを助ける。この法律の背後にある根本的な問題は、「ラオス特有の解決策は、ビジネスマンや他の投資家に、正当な権利が認められ、施行されることをより確かなものにしてくれるか」である。

【2018年01月29日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 経済