2018年02月20日

中小企業は輸出のためのFTAを研究

中小企業(SMEs)が地域および国際市場の輸出機会を拡大するために自由貿易協定(FTA)の理解は上がり続けるだろう。中小企業振興開発局事務局長 Sa Siriphong氏は、近年、中小企業がビジネスセクターにおける成長の機会とより広い市場アクセスを促進するための政策の改善とともに支援されていると発表した。 FTAは、国内企業がより安価な投入でアクセスし、新技術の導入、競争と革新の促進を可能にする、貿易と投資の障壁を削減することを目的とした2国間の国際条約である。 FTAは、地域経済統合を促進し、貿易に対する共通のアプローチを構築する。省庁の昇進・製品開発部(PPDD)は、中小企業の国内外市場へのアクセスをより容易にし、マーケティングプロセスに関する情報データベースを構築するための政策を改善している。したがって、Mr.Saは、中小企業が市場に参入する前に挑戦の対処方法を学ぶことができれば、取引の機会を増やすことができると信じていた。ラオス中小企業は、FTAの下で、輸入品、特に中国に流入する近隣諸国からの製品、国内競争も激化している。ラオス商工会議所の関係者であるPhoukhong Sonevongxay氏は、 「FTAの便益を活用する」それでも、FTAの便益をどのように利用するかを理解することは、地域企業が輸出を拡大し、地域のさらなる競争に対処する能力を高めるのに役立つだろう、又Phoukhong Sonevongxay氏は、ラオスは今欧州連合からの一般化スキーム(GSP)の特権を有していることを付け加えた。これは、ラオスを含む途上国がEU市場への輸出に関わる税金の負担が少なくなるもしくは無税とり、彼らの経済成長に貢献する。日本、韓国、中国もラオスにGSP特典を提供し、地元の中小企業が市場にアクセスできるようにしている。ラオスは世界50カ国以上に貿易関係を持ち、2015年には世界15カ国以上で二国間貿易協定を締結している。

【2018年02月20日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易

2018年02月02日

輸出の急増は貿易黒字2億6,100万ドルをもたらす

政府は、2017年の輸出入総額が93億4,500万ドルに達し、2016年に比べて11%の増加となることを確認した。輸出額は4,803百万ドルとなり、2016年に比べて13.4%増加した。 輸入額額は4,542百万ドルとなり、2016年と比べて7.6%の増加となった。これは貿易黒字2億6,100万ドルをもたらした。昨年のビエンチャンでの商工業部門の年次総会で、Khemmani Pholsena 商工大臣は報告した。政府と他国との貿易協力政策、特に近隣諸国との国境貿易のために輸出が増加したとKhemmani氏は述べた。より大きな協力は、政府と企業がより緊密に連携し、より多くの合同貿易協定に調印する機会を作り出し、輸出製品には電気、金、衣類、砂糖、ビデオ、カメラ部品などの製造品、米、コーヒー、キャッサバ、ゴムおよびスイートコーンなどの農産物、穀物から作られた加工品や果物が含まれているとKhemmani氏は述べた。電気輸出額は20.9%、金は53%、ビデオとカメラの部品は8.6、衣料品は5.9%、砂糖は115.6%、キャッサバは69.6%、コーヒーは117%、ゴムは115%、スイートコーン 86.4%。加工穀類製品の輸出額は128%増加し、果実は99.6%、飲料は33%増加した。ラオスは、主にタイ、中国、ベトナム、インド、日本、ドイツ、米国に輸出している。輸出上位の県は、電気、コーヒー、スイートコーン、キャッサバ、ゴム、砂糖、および屠殺された牛を販売するChampassak、Saravan、Attapeuである。輸入に関しては、ディーゼル、ガソリン、ガス(灯油)を含む燃料の価値は17%、金属と金属の品目は22.21%、機械は12.5%、砂糖は66.9%増加した。対照的に、輸入電気量は18.8%減少したとKhemmani氏は述べた。自動車やスペアパーツ、燃料、電気機器、機械および建設資材は、大部分の輸入品を構成する。ラオスは主にタイ、中国、ベトナム、日本、韓国、インドネシア、シンガポールから輸入している。会議に出席する当局者は、生活費の上昇による影響を緩和するための製品価格、サービス料、措置の規制について議論した。ミーティング参加者はまた、中小企業の開発、加工産業の開発計画、および中央政府および地方自治体の産業界と商業の発展に向けた関連セクターとの調整の必要性について議論した。

【2018年02月02日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易

2018年02月01日

ラオスは日本との貿易赤字2700万ドルの見越し

ラオスは、産業財務省によると、今年の日本との貿易赤字は2700万ドルを超えると予想している。政府は、輸入額8890万ドルに対して日本への輸出額は6,180万ドルを超えると予測している。これは、ラオスの輸出が7,470万ドル、輸入が7,330万ドルと、2017年に約600,000ドルの日本との貿易赤字に続くものである。日本に輸出される製品には、靴、衣類、生コーヒー、電気設備、黒と白の木炭、木製品などがある。ラオスは、2013年に日本向けに輸出された商品から6414万ドルを集め、2014年には5,190万ドルに減少、2015年には再び5,480万ドルに減少、2016年には5,800万ドルに戻っている。ラオスと日本は、両国政府の関係が強化されるにつれて協力が強化されてきた。日本は現在、ラオスのインフラ整備事業や社会開発事業のトップドナーとしてランクされている。ラオスは公的部門と民間部門の両方から、特に日本の投資家や企業から外国人投資家を引き付けており、昨年130人以上の日本企業がラオスの様々な分野に投資したと日本大使館が報告している。ラオスと日本は、二国間外交関係の強化とアセアン加盟国の強化を継続してきた。ラオスと日本は、2015年に国交樹立60周年と二国間関係と二国間の協力の成功を祝っている。日本大使館によると日本政府は、公的開発援助、日アセアン統合基金、日メコン協力、日アセアン協力、その他の二国間・多国間協力など様々な枠組みを通じ、アセアン共同体の構築を全面的に支援してきた。日本はまた、政治、安全保障、経済などの様々な分野での統一と中心性を固めようとするアセアンの努力を完全に支持している。アセアンは2013年以降、日本企業の外資最大投資先であり、日本へのアセアン観光客の数は近年倍増し、2015年には210万人に達している。

【2018年02月01日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易