2016年11月09日

中国農場からのバナナが市場から消える

 現在、ヴィエンチャンや各県の市場や街角で売られているバナナは、大量の化学薬品を使用しているとされる中国のバナナプランテーションからのものではない。しかし消費者らは、地方の県で栽培されているバナナも依然として化学肥料や、害虫や寄生虫を駆除するための殺虫剤の使用が許可されていることを良く思っていない。
 ウドムサイ県Baeng郡の郡知事Mr Bountum Teuymanyは、ヴィエンチャンの一部の人々はバナナに毒性の化学物質が含まれていることを恐れてバナナを食べたがらないと話す。ボケオ県、ルアンパバーン県、ウドムサイ県、ポンサリー県などのラオス北部の県では現在数百ヘクタールの土地でバナナプランテーションを行っており、ヴィエンチャン県やヴィエンチャン都でも大規模なバナナプランテーションがあるという。しかし、これらのバナナは収穫後すぐに段ボール箱に詰められ、そのまま中国に輸出されている。Baeng郡では約800ヘクタールでバナナが栽培されている、とMr Bounteum郡知事は説明する。ラオスでの中国企業によるバナナ農園で栽培されているバナナは、ラオス人が消費用に収穫しているのと同種類のバナナであるため、おそらく色は似通っているだろう、と郡知事は言う。ウドムサイ県商工局職員Mrs Somphon Phengsouthonによると、同県のバナナ農園の大半はHoun郡及びBaeng郡に位置しているという。また、同県では中国企業の農園で栽培されたバナナは直接中国へと輸出されているため、同県内では流通していないと話す。一方、ヴィエンチャンのクーヴィエン道通りで売っているバナナ売りも、彼らが販売しているバナナは決して中国農園からのものではなく、ラオス農家が作ったものだ、と強調する。
 現在開催中の国会での協議の中で、国会議員はバナナ農園での大量の化学薬品使用による環境への影響に対する懸念を共有した。アッタプー県代表の議員Mr Maniso Xamountyは、ウドムサイ県では多くの人々がバナナプランテーション投資家のうまい口車にのせられている、と提議した。投資家が約束に違い、土地所有者に期日通りにコンセッション費用を支払わなかったり、労働者は厳しい労働条件で雇用されているという。また、関連当局の許可なく地元住民と直接契約を交わしているため、政府に税を支払っていない投資家もいるという。ウドムサイ県でバナナを栽培する企業は23社あるが、そのうち3社が事業停止とされている。ウドムサイ県農林局局長Mr Khamxone Keopaseuthは、同県の一部では同局農業セクターの許可の下、ある種の化学肥料が使われていることを認めた。しかし、化学肥料は土壌の改善のためだけに使われているため、バナナを属する人々に害を与えることはない、とKhamxone局長は説明している。

【2016年11月9日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 農業

2016年10月06日

タイが落花生輸出基準でラオスを支援

 タイは先日新たな農業基準を発表したことを受け、輸出用落花生の検査システム及び認定システム開発においてラオスを支援していく。落花生種子に関する新たなタイの農業基準で定められたアフラトキシンの上限値(TAS 4702-2014)は来年1月7日に実施適用される、とタイ国家農産物及び食品基準局(NBACFS)が発表した。
 ACFSアドバイザーMr Wichar ThitiprasertとNBACFS事務局長Ms Doojduan Sasanavin率いるタイ農業局及びNBACFSチームは、新基準実施のための準備においてラオスを支援するため、先週チャンパサック県でラオスの農業局担当者と面会した。タイの技術委員会は落花生(アフラトキシンレベル)検査のための設備導入、ラオスの農業技術者に対するアフラトキシン分析・コントロール方法及び材料に関する理解のためのトレーニングを支援する、とラオス農業局副局長Mr Khamtanh Thadavongが昨日ヴィエンチャンタイムズ紙に伝えた。タイ当局は落花生製造者が落花生をタイへと輸出する際の規則や書類などについても明らかにしたという。タイによる支援は、ラオス内での落花生の品質を国際基準へと向上させ、ラオスの落花生業者の発展、貿易促進に寄与するだろう。「チャンパサック県は農産物に高いポテンシャルを持っており、サラワン、セコン、アッタプーなどチャンパサック県を経由して農産物を輸出する他の南部の県も同様である。」とMr Khamtanh副局長は話す。また、チャンパサック県には研究室の管理を行う基礎設備や人材もある。タイ・ラオス両サイドは落花生の輸出基準の向上に関する協力文書の草案を作成しており、これが両国間貿易における協力促進のメカニズムとなることだろう、と説明している。
 毎年ラオスは大量の落花生を近隣諸国へ輸出しており、特にタイへの輸出が多いがその大半は非公式のチャンネルを経ている。加工食品の原材料として使われる乾燥落花生のアフラトキシンレベル及びコントロール方法の新基準設定は、製造業者や取引業者、乾燥落花生の輸入・輸出時検査の規制を目的としている。落花生に含まれるアフラトキシン量は1kgあたり20μgを超えてはいけない。タイで生産される落花生は国内消費量に満たず、多量の落花生を輸入している。昨年タイは国内消費用に30,000トン、10億6800万バーツの落花生を輸入している。主要輸入元はインド、中国、ミャンマー、ラオスであり、今年の輸入量は2万4千トン超、10億1600万バーツで今後さらに増加すると見られている。

【2016年10月6日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 農業

2016年09月21日

サワンナケートで有機農産物への需要が高騰

 サワンナケート県農林局は、有機農産物マーケットの拡大を受け、引き続き有機農法栽培を推奨していく。同局局長Mr Khamloui Nhattivongが昨日ヴィエンチャンタイムズ紙の取材に対し、有機栽培でつくられた野菜のマーケットは急速に成長しており、国内及び近隣諸国のマーケット拡大のために有機農家グループが拡大していると話した。「我々は対地元マーケット、及び将来的には国境を越えた海外のマーケット向けの有機農産物の栽培を農家に奨励している。」と言う。同局はサワンナケート商工局と協働し、地元住民及び外国人の需要について調査を行っている。有機野菜は毎週様々な場所や時間に販売されており、どこでも消費者に大人気だという。「サワンナケート県には16の有機野菜グループがあり、毎週県都のマーケットや県農林局で商品を販売しているが毎回どこでも売り切れてしまう。」とMr Khamloui局長は言う。局長自身も、彼の事務所の前で野菜を販売している農家らのバスケットが空になるのを見ていると話す。
 同局及び関連セクターは、農家らが野菜をより多く栽培できるよう、農家組合の拡大を計画しているが、その拡大は人々の状況や地域の条件次第である。「各有機野菜組合は4~5の家族から構成されており、組合の拡大は彼らの予算や給水状況、その他の要素に依る。しかしサワンナケート県は大きな都市であるので、多くの人々がこの組合への参加を希望すると私は考えている。」とMr Khamloui局長は説明する。Xayphouthong郡のある有機野菜農家は、客の大半はKaysone Phomvihane郡では手に入れにくい季節の旬の商品をほしがる、と話す。彼が旬の野菜を販売すると、毎回他の商品よりも先に売り切れるという。Mr Khamloui局長によると、農産物は県農林局や農林省農園局の職員によって検査されているという。またタイの専門家の検査も受けており、大半の農産物は、農園局がサワンナケート県の有機野菜グループに証明証を発行する以前から、品質の良さが確認されている。「最も重要なことのひとつとして、我々は近隣諸国からの野菜の輸入を回避することを心がけている。また、有機農法で栽培された野菜は特に健康に良いということも強調している。」と局長は話した。
 月曜日、サワンナケート県の国際貿易展示会議場(ITECC)は、同センター内にあるTang Feres Laoスーパーマーケットで有機野菜を扱うことを発表した。
「これにより外国の買い物客からの関心を集め、外国人居住者や旅行客への販売も増えるだろう」と局長は言う。有機野菜はダオフアン市場で火曜日と木曜日に、Lassavongxay市場で週末に、農林局で月・水・木曜日に販売している。将来的には野菜栽培農家は有機野菜をTang Freres Laoスーパーマーケットに毎週月・水・金曜日に供給する予定で、健康意識の高い消費者が週を通していつでも有機野菜を購入することができるようになるだろう。

【2016年9月21日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 農業