2018年01月02日

ラオスセメント会社がIPOを開始

ラオ・セメント・パブリック・カンパニーは、ラオ証券取引所(LSX)で1200万株以上の株式公開(IPO)を開始した。ラオス証券委員会事務所の承認を得て、同社は2400キップ毎の価格で12,001,200株の取引を提案した。契約期間は、LSXのウェブサイトによると、2017年12月21日から2018年1月4日までである。全国の主要インフラの建設はかなり成長してきており、中国‐ラオ鉄道といくつかの水力発電、ハイウェイプロジェクトは、今後3年間でラオスの経済発展計画の重要な一部となる見込み。同時に、セメントおよび建築材料分野での競争は急速に拡大しており、これらの問題に対処するため、ラオス・セメントは将来の開発活動のために資本市場から資金を調達する予定だ。ラオス・セメント(Lao Cement Company LimitedまたはVangvieng II Cement Plantとして知られている)は、ラオス農業産業開発企業Imp-Exp & General Services (DAI) と the China Yunnan Corporation for International Techno-Economic Cooperation (CYC)との合弁のもと1999年に設立され、国内消費、輸出のためのセメントおよびセメント関連製品を製造販売してきた。 2014年の資産総額は1,374億6,700万キップ、2015年は1,244億7,400万キップ、2016年は1259億1,400万キップであった。同社の売上総利益は2014年に253億7200万キップ、2015年に313億800万キップ、2016年に196億2100万キップとなった。2014年の純利益は59億2600万キップ、2015年の78億6,000万キップ、2016年の54億1,000万キップであった。同社の登録資本金は83億6,000万キップであり、株式持株比率は60%(CYC)、40%(DAI)となっている。同工場では、1日に約700トンのセメントを生産できる新しい乾式生産ライン技術を採用している。ラオスは現在16のセメントプロジェクトを持っているが、そのうちのいくつかはまだ建設中である。現在の生産量は440万トンであるが、すべて稼働を開始すると年間生産量は676万トンとなる。

【2017年12月22日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 16:34| Comment(0) | 株式市場

2016年03月01日

ラオス証券取引所が上場企業増加を期待

 BCEL-KT証券会社は、今年はより多くの企業がラオス証券取引所(LSX)に上場し、現在上場企業が5社のみの取引所への加盟企業が増加することを期待している。
 LSXはラオス政府の第6次5ヵ年社会経済計画(2006-2010)に沿って、ラオス政府と韓国証券取引所の合弁で2010年10月10日にオープンし、2011年1月に取引を開始した。BCEL-KT証券会社副社長Dr Thepsavanh Kitingnavongは金曜日、LSXには現在BCEL(ラオス外商銀行)、EDL-Gen、Lao World Public Company、Petroleum Trading Lao Public Company、Suvani Home Centre Public Companyの5社が上場している、と説明した。LSXは2011年のオープン時にBCELとEDL-Genの2社だけだったが、その後徐々に上場企業は増え続けている。Dr Thepsavanhは、BCEL-KT証券会社は現在ヴィエンチャンの多くの企業に対し、証券市場に上場するための規定に準拠するには、どのようにビジネスストラクチャーの改善を行うべきかについて相談を受ける等、支援を行っているという。例として、LSXの規定に準拠するには、上場を目指す企業は、事業開始後3年以内に最低200〜240億kipの資金調達が必要である。現在中国、タイ、日本、ヨーロッパの企業がラオスの証券市場への上場に関心を示しているが、
まだ実際に何社が上場できるかは審査中である。
 BCEL-KT証券会社はラオス株式市場への登録企業を増やすため、タイの提携会社と協力している。内部目標では、LSXは2020年までに上場企業数20〜25社を目指しているという。また、タイのThe Nation Newspaperは、ラオス証券取引所は国営企業の民営化というラオス政府の計画に沿って、2025年までに60社の上場企業を目標としている、と伝えている。2014年でラオス株式市場は9,410名分の投資家のアカウントがあり、そのうち7,600人は国内投資家、1,810が海外の投資家で、1日の平均取引高は1億〜2億kipとなっている。

【2016年3月1日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 株式市場

2016年01月12日

LSX(ラオス証券取引所)が新サービスと新株取引単位を開始

昨日、ラオス証券取引市場(LSX)は、株取引マネジメント向上及び少量の取引量による株価変動回避のため、最新の技術革新、資産管理サービス、そして最小100株からの取引を開始した。今回の技術改善は今後の取引量拡大の促進、及び市場管理改善にむけた重要な取り組みとなるだろう、とLSX副会長Mr Chang Ho Kimがヴィエンチャンで開かれた記者会見の席で述べた。
 これは少量注文による価格変動を回避するための取り組みの一環であり、また多くの国が採用している取引単位の世界基準に合わせるための重要なステップとなる。LSXは2011年1月11日に上場企業2社で取引を開始し、5年経過した今年の段階でLSX上場企業は5社となった、とMr Kimは説明する。
「ラオス証券取引市場のセットアップ及び運営の初期ステージにおいて、LSXは国内の投資家の保護により焦点をあててきた。なぜなら我々は国内の投資家に株式投資の経験を積んでもらいたかったからだ。そのため我々は初期段階では最小の取引単位を1株に規定していた。」とMr Kimは言う。これまでの5年間の株式市場運営及び取引を通し、現在LSXは少量取引による株価変動を回避するためにマネジメント改善が必要であると検討している。「そのため、我々開発チームは、株式市場オープン以降現在に至るまで、近隣諸国の株取引の観察、市場開発のための適切な方法を見定めるため関係企業との議論を行いつつ、最小取引単位の分析を行っている。」とMr Kimは言う。現在最小取引単位を1から100へと変更するためのシステムは準備完了している。
「資産管理サービスに関しては、ラオスでは機関投資家への資産管理サービスを提供している銀行はまだなく、そのため機関投資家らは我々の証券取引を容易に利用・投資することができていない。」この資産管理サービス開発も投資家の権利と利益の保護のため、そして関連するリスク軽減のため、株式市場にとって必要不可欠である。投資家のニーズに応えるため、LSXマネジメントはより多くの海外投資家をラオス株式市場へ誘致するためのチャネルとして、この資産管理サービス開発を第一の優先的タスクと考えている。
 LSXは国際基準へと近づき、ラオス社会のための資金調達源となるべく、現在ラオスの資本市場開発により関心を払っている、とLSXのCEO・Mr Vanhkham Voravongは話す。CEOは今年さらに多くの企業がLSXに上場することを保証し、2020年までにラオス証券市場上場企業が25〜30社に到達することを期待しているという。

【2016年1月12日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 株式市場