2018年02月26日

チャイニーズ・ニューイヤーはSabpanya Bilingual Schoolに繁栄をもたらす

チャイニーズ・ニューイヤーはSabpanya Bilingual Schoolに繁栄をもたらす
ビエンチャンの多くの有名な民間機関の1つであるはSabpanya Bilingual Schoolは現在、ラオスのケンブリッジカリキュラムの試験準備センターの1つになりつつある。この動きは、最近のマレーシア大使Mohd Aini Atan氏、および一次秘書官Johan Arief Jaafar氏のラオス訪問の際に概説されている。今回の訪問では、学校の理事ダニエル・リムとチンダ・フォンテサ氏によって暖かく歓迎された。訪問中、マレーシア出身のダニエル・リム氏は学校の敷地を包括的に見学し、Mohd Aini Atanとその代表団に学校の歴史について簡単に説明した。 2009年の就任以来、ハイナン大学やシンガポールの夏期プログラムなど、留学生を海外に留学させ多くの成功を収めている。リム氏は、2017年12月2日に、学校が海南大学とラオスの代表として契約を結んだと述べた。これにより、ラオスでハイナン人への奨学金の提供や、ラオス学生が海南大学で勉強する機会を得ることが出来る。 Mohd Aini氏は2017年3月26日にラオスに到着しそれ以来、企業や教育機関に数回訪問している。学校の理事たちは、初めて彼と彼の第一秘書を学校に招待した。 Mohd Aini Atan氏は学校のツアーを楽しみ、学生と写真をいくつか撮った。理事たちは、大使による次回の訪問を楽しみにしている。2018年2月26日、Sabpanya Bilingual Schoolは、Mohd Aini Atan氏のラオスでの11ヶ月がよいものとなるよう願っている。彼は2017年3月26日に大使に就任して1年目の記念日となる。Sabpanyaはまた、最近第一書記官に昇進したJohan Arief Jaafar氏に期待している。この中国の新年がすべての人に将来の繁栄をもたらすことを願っている。

【2018年02月26日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: