2018年02月24日

Xekong水力発電所への企業の関心

増大する市場ニーズを満たすために多くのダムが設立されたにもかかわらず、ラオスからの水力輸出の需要は、引き続きペースを集めている。政府は、外国企業が土地に水力発電プロジェクトを建設する許可を与えるだけでなく、地元の起業家に再生可能エネルギー計画を策定させることも許可している。今週、当局は、総発電容量33MWの3つの水力発電プロジェクトを発展させたい地方企業(MP建設会社)のフィージビリティ・スタディの期間を延長した。反対に、2014年以来、これらのプロジェクトの調査を実施している。逆に、これらのダムがその国を深刻な社会的および社会的影響を与えないようにするためにも、徹底的なプロジェクト調査が必要だ。環境への影響"プロジェクトの調査は18ヶ月かかり、調査の結果を関係当局に報告してレビューし評価する。調査の結果が肯定的であれば、開発者はダム建設のために「先に進む」ことが認められるだろう。最初の調査によると、ナムヨン(ヨン川)沿いに3本のダムが建設されることが分かった。これらには、9MW、Yeung 5ダム(10MW)、Yeung 7ダム(14MW)の設備を備えたYeung 3ダムが含まれていた。これらのダムから生産された電力はすべて、EDL(Electricite du Laos)に売却され、その後、国内で販売され、他の国に輸出されている。 Phetsamone氏は、このプロジェクトが実現すれば、これらのダムからの電気は、プロジェクトが位置するDakcheung地区などのXekong省での社会経済開発と貧困削減努力を支えると語った。 Xekongは多くの人々が貧困から抜け出すために奮闘しているラオスの貧しい県である。山岳地域の人々は依然として電気を利用できていない。しかし、同県は、省の経済成長の主な推進役を担うことができる輸出の水力発電の可能性が高い。現在、総容量88MWのHuay Lamphanダムの建設が完了している。さらに、15MWの総容量を有するHuay Lamphan 2ダムが建設中であり、2020年に操業する予定である。ラオスは水力発電をさらに発展させ、さらなる経済成長を促進できる。同国は現在、46,757MWの容量を有する46の発電所を有し、毎年約35,608GWhの電力を発電している。エネルギー鉱山省によると、ラオスは2020年までに1万MWの電力を開発する予定であり、2030年には20,000MWに増加し、これは国内需要を大幅に上回るだろう。

【2018年02月24日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 水力発電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: