2018年02月02日

輸出の急増は貿易黒字2億6,100万ドルをもたらす

政府は、2017年の輸出入総額が93億4,500万ドルに達し、2016年に比べて11%の増加となることを確認した。輸出額は4,803百万ドルとなり、2016年に比べて13.4%増加した。 輸入額額は4,542百万ドルとなり、2016年と比べて7.6%の増加となった。これは貿易黒字2億6,100万ドルをもたらした。昨年のビエンチャンでの商工業部門の年次総会で、Khemmani Pholsena 商工大臣は報告した。政府と他国との貿易協力政策、特に近隣諸国との国境貿易のために輸出が増加したとKhemmani氏は述べた。より大きな協力は、政府と企業がより緊密に連携し、より多くの合同貿易協定に調印する機会を作り出し、輸出製品には電気、金、衣類、砂糖、ビデオ、カメラ部品などの製造品、米、コーヒー、キャッサバ、ゴムおよびスイートコーンなどの農産物、穀物から作られた加工品や果物が含まれているとKhemmani氏は述べた。電気輸出額は20.9%、金は53%、ビデオとカメラの部品は8.6、衣料品は5.9%、砂糖は115.6%、キャッサバは69.6%、コーヒーは117%、ゴムは115%、スイートコーン 86.4%。加工穀類製品の輸出額は128%増加し、果実は99.6%、飲料は33%増加した。ラオスは、主にタイ、中国、ベトナム、インド、日本、ドイツ、米国に輸出している。輸出上位の県は、電気、コーヒー、スイートコーン、キャッサバ、ゴム、砂糖、および屠殺された牛を販売するChampassak、Saravan、Attapeuである。輸入に関しては、ディーゼル、ガソリン、ガス(灯油)を含む燃料の価値は17%、金属と金属の品目は22.21%、機械は12.5%、砂糖は66.9%増加した。対照的に、輸入電気量は18.8%減少したとKhemmani氏は述べた。自動車やスペアパーツ、燃料、電気機器、機械および建設資材は、大部分の輸入品を構成する。ラオスは主にタイ、中国、ベトナム、日本、韓国、インドネシア、シンガポールから輸入している。会議に出席する当局者は、生活費の上昇による影響を緩和するための製品価格、サービス料、措置の規制について議論した。ミーティング参加者はまた、中小企業の開発、加工産業の開発計画、および中央政府および地方自治体の産業界と商業の発展に向けた関連セクターとの調整の必要性について議論した。

【2018年02月02日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: