2018年01月31日

WTOの下での貿易円滑化協定の加速を目指す

ラオスは、世界貿易機関(WTO)のカテゴリーBに基づく貿易円滑化に関する合意を実施するための時間枠を設定し、カテゴリーCでの技術援助と資金調達を模索している。ラオスは2013年にWTO加盟協定を批准したが、貿易円滑化に関する協定は、首都での協議会では確実な問題として早い段階で起こりえることではないと聞いている。さらに、ラオスは、最低開発途上国と発展途上国のグループの一員であるため、これらの協定に関連する時間枠およびその他の措置の設定に関して、準備する時間を与えられている。貿易円滑化に関する協定の実施状況を評価するために、WTOのガイドラインに沿って前進するというコミットメントの一環として、貿易円滑化に関する協定の実施を評価するために、商工省下の輸出入部がビエンチャンで協議会議を開催した。この会合は、輸出入部のKhemdeth Sihavong副総局長が議長を務め、貿易開発施設マルチドナー信託基金(TDF 2)の後援を受けた。Khemdeth氏は、政府がラオスで適切なビジネス環境を構築する努力の一環として、貿易円滑化を改善するために努力していると語った。
「最も重要なのは、我々は国際基準に沿った貿易システムの近代化、特にWTOによって標準化された貿易円滑化に関する協定の近代化に取り組んでいる」と付け加えた。Khemdeth氏は、この協定を実施することは、2017年から2022年までの貿易円滑化と促進の優先事項の1つであると述べた。 「カテゴリーBは、TDF事務局によって最終決定された初期実施期間を測定するが、法的改善のためにはまだ時間が必要であり、カテゴリーCは国際機関からより多くの時間と援助が必要」と付け加えた。 2013年にラオスがWTOの加盟国として正式に承認されたにもかかわらず、国際基準を満たすためには、様々な貿易円滑化措置の継続的な改善が必要である。協議会の結果は正式に公表されなかったが、TDF事務局の技術責任者によると、参加者の大部分は2018年12月31日までにカテゴリーB対策の実施に合意した。

【2018年01月31日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: