2018年01月29日

ビジネス紛争解決を強化する新法

ラオスの事業者には、ビジネスのさまざまな側面を管理するための一般的に受け入れられている原則や規制がないため、さまざまな課題がある。政府関係者は先週、民間セクター代表と会談し、経済紛争解決法の改正について議論し、ラオスでの事業運営の改善と事業者と政府の双方に利益をもたらすことを目指した。ラオスは現在、世界銀行が発行している「Ease of Doing Business」リストで、昨年139位であったが現在は190カ国中141位に位置しており、10カ国のアセアン加盟国のうち9カ国目である。ラオスの格付けを向上させるために、中央レベルから地方レベルへの規制や行政の仕組みの改善に積極的に取り組んでいる。先週のワークショップのオープニングで、ラオス商工会議所(LNCCI)のオウデット・スヴァンナヴォン氏は、Thongloun Sisoulith首相はラオスが投資とビジネス環境を大幅に改善する必要があるとし、2020年までに事業の容易さのランキングで2つ上げる必要があると述べた。オデット氏は、ワークショップが法案の改善と内容の明確化に役立ち、その後政府に提出させることを期待している。米国政府が資金を提供するLUNA IIプログラムは、ラオスへの貿易と投資の促進を目的としている。このプロジェクトの目標は、経済的機会を創出し、国の生活水準を向上させることである。LUNA IIのチーフ、ダニエル・フィッツパトリック氏は、「我々の主な任務は、ラオスが貿易約束を遵守することを支援することである。我々はラオスが世界貿易機関とラオスが米国と二国間貿易協定(USLBTAと呼ばれることもある)の下でラオスが行った約束に主に焦点を当てる。貿易協定は、商業紛争の解決の手段として仲裁を利用可能にするために、米国とラオス両国に求める。さらに、各当事者は、そのような報奨を承認し、実施するための制度と手順を確立する必要があるとフィッツパトリック氏は述べている。これらの問題はいずれも、経済紛争解決法の草案で取り上げられている。これがLUNAUが法を修正するための法務省の取り組みを支援している理由だとフィッツパトリック氏は述べた。経済紛争法に関する草案が掲載されたとき、LUNA IIがこのイベントでLNCCIを支援することは当然のようだと付け加えた。 LNCCIは公的な私的対話を促進するという任務を果たし、USAIDのLUNAはラオスが仲裁制度を発展させるのを助ける。この法律の背後にある根本的な問題は、「ラオス特有の解決策は、ビジネスマンや他の投資家に、正当な権利が認められ、施行されることをより確かなものにしてくれるか」である。

【2018年01月29日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: