2018年01月08日

ビジネス環境の改善を向上させるためには多くの課題がある

ラオスにおける投資とビジネス環境が直面する困難は、社会経済開発への挑戦であり、改善が必要である。これは、社会経済開発計画の実施について議論するため、2017年12月25日にビエンチャンで開催された会議で、スーファン・ケミキシー計画・投資大臣が強調したメッセージである。
「ビジネス環境改善に関するラオスの順位を上げるために、政府は規制、規則、行政の仕組みを中央から地方レベルに改善すべきだ、と述べた。ラオスは現在、世界銀行が発行している「Ease of Doing Business」リストで190カ国のうち141カ所に位置しており、その後139位となったが10カ国のアセアン加盟国中残念ながら9位であった。段階に巻き込まれた数とビジネスが向上するために費やされた時間を早め、明白で平等で企業が必要とする資本の量を減らすための弊害を取り除き、潜在的な外国人投資家と国内投資家の間でより信頼を深めるべきである、と同氏は付け加えた。国家経済研究所(NERI)の上級エコノミストであるLeeber Leebouapao博士はビエンチャン・タイムズに政府と民間部門のあらゆる部門からの協力と支援なしには達成できなかったと語った。政府は、ラオスのビジネス環境改善のためのいくつかの強化された規制と法律を承認したが、そのプロセスはうまく実施されていない」と述べた。「最も重要なのは、ビジネス規制の導入の実施は、国民の利益を見て事業と投資の実践と理論を変えていかなければならない」とLeeber博士は付け加えている。 Thongloun Sisoulith首相はこれまで多くのビジネスフォーラムでラオスの投資とビジネス環境を大幅に改善することが必要だと強調してきた。この目的のために、ラオス商工会議所の副大統領であるDaovone Phachanthavong氏は、当局は対処するためのラオスのビジネスのため権威を分配する適切な1つの窓口を提供することを関連部門と協議していると述べた。毎年、政府は国内外の投資を増やそうとしているが、政府の場合は企業が利益を失う恐れがあり、政府の手続きが改善されなければ企業は利益を失う恐れがある。 「この問題は、ビジネスセクターが所得創出の主要な貢献者であるため、国の経済成長に直接影響する」と同氏は述べている。 「ビジネス部門が成長すれば、政府だけでなく経済もより多くの収益を生み出すのにも役立つ」とDavon氏は楽観的な見方を示した。

【2017年12月27日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 19:31| Comment(0) | 経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: