2016年05月04日

450周年記念道路沿いの土地が販売開始

 現在、450周年記念道路沿いの両側の土地が、一般向けに売り出されるようになったが、一部の土地の元々の所有者にはまだ補償金の支払いが済んでいないという。
 同事業を担当する委員会は、先月初めに土地の販売について地元メディアへ広告を出して告知した。ラオス政府は、ヴィエンチャン遷都450周年を記念した450周年記念道路の建設工事を承認し、2010年に完成していた。3750万USDを費やした同事業の資金調達のため、ラオス政府は同道路の両側50mの区画を売りに出して資金集めを行う。委員会は、土地の所有者に対し補償金の請求を行うよう数回にわたってアドバイスを行った。最後の補償金請求の期間は2015年6月17日から7月17日の間であった。最初の補償金の支払いは2012年から開始し、387区画の土地の所有者が補償金支払いを請求したが、191区画はまだだという。
 最新の告知は2016年4月1日に出されたもので、委員会は450周年記念道路沿いの区画の土地使用権を、まだ補償金支払いが終わってないものも含めて売りに出すと発表している。また、補償金支払いが済んでいない191区画の土地の購入者に対しては、委員会が新たな土地所有権利書を再発行すると伝えている。委員会のある役人が昨日ヴィエンチャンタイムズ紙に伝えたところによると、191区画の土地所有者はまだ補償金の請求が可能だという。補償金は区画の位置によって1uにつき15,000kip〜500,000kipであり、現在ラオス政府は1uにつき120j〜150jで土地を売りに出している。政府役人は、補償金額は道路工事の前に計算されたものであるため、道路建設工事完了後に設定された現在の土地販売価格よりもかなり低くなっていると説明する。
 同区画のもともとの土地所有者は、土地販売の優先権が与えられている。しかし補償金請求がまだの土地所有者には委員会は販売優先権について伝えていないため、優先販売権の利点を受けられていないようだ。

【2016年5月4日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 土地
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: