2018年02月20日

中小企業は輸出のためのFTAを研究

中小企業(SMEs)が地域および国際市場の輸出機会を拡大するために自由貿易協定(FTA)の理解は上がり続けるだろう。中小企業振興開発局事務局長 Sa Siriphong氏は、近年、中小企業がビジネスセクターにおける成長の機会とより広い市場アクセスを促進するための政策の改善とともに支援されていると発表した。 FTAは、国内企業がより安価な投入でアクセスし、新技術の導入、競争と革新の促進を可能にする、貿易と投資の障壁を削減することを目的とした2国間の国際条約である。 FTAは、地域経済統合を促進し、貿易に対する共通のアプローチを構築する。省庁の昇進・製品開発部(PPDD)は、中小企業の国内外市場へのアクセスをより容易にし、マーケティングプロセスに関する情報データベースを構築するための政策を改善している。したがって、Mr.Saは、中小企業が市場に参入する前に挑戦の対処方法を学ぶことができれば、取引の機会を増やすことができると信じていた。ラオス中小企業は、FTAの下で、輸入品、特に中国に流入する近隣諸国からの製品、国内競争も激化している。ラオス商工会議所の関係者であるPhoukhong Sonevongxay氏は、 「FTAの便益を活用する」それでも、FTAの便益をどのように利用するかを理解することは、地域企業が輸出を拡大し、地域のさらなる競争に対処する能力を高めるのに役立つだろう、又Phoukhong Sonevongxay氏は、ラオスは今欧州連合からの一般化スキーム(GSP)の特権を有していることを付け加えた。これは、ラオスを含む途上国がEU市場への輸出に関わる税金の負担が少なくなるもしくは無税とり、彼らの経済成長に貢献する。日本、韓国、中国もラオスにGSP特典を提供し、地元の中小企業が市場にアクセスできるようにしている。ラオスは世界50カ国以上に貿易関係を持ち、2015年には世界15カ国以上で二国間貿易協定を締結している。

【2018年02月20日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易