2018年02月26日

チャイニーズ・ニューイヤーはSabpanya Bilingual Schoolに繁栄をもたらす

チャイニーズ・ニューイヤーはSabpanya Bilingual Schoolに繁栄をもたらす
ビエンチャンの多くの有名な民間機関の1つであるはSabpanya Bilingual Schoolは現在、ラオスのケンブリッジカリキュラムの試験準備センターの1つになりつつある。この動きは、最近のマレーシア大使Mohd Aini Atan氏、および一次秘書官Johan Arief Jaafar氏のラオス訪問の際に概説されている。今回の訪問では、学校の理事ダニエル・リムとチンダ・フォンテサ氏によって暖かく歓迎された。訪問中、マレーシア出身のダニエル・リム氏は学校の敷地を包括的に見学し、Mohd Aini Atanとその代表団に学校の歴史について簡単に説明した。 2009年の就任以来、ハイナン大学やシンガポールの夏期プログラムなど、留学生を海外に留学させ多くの成功を収めている。リム氏は、2017年12月2日に、学校が海南大学とラオスの代表として契約を結んだと述べた。これにより、ラオスでハイナン人への奨学金の提供や、ラオス学生が海南大学で勉強する機会を得ることが出来る。 Mohd Aini氏は2017年3月26日にラオスに到着しそれ以来、企業や教育機関に数回訪問している。学校の理事たちは、初めて彼と彼の第一秘書を学校に招待した。 Mohd Aini Atan氏は学校のツアーを楽しみ、学生と写真をいくつか撮った。理事たちは、大使による次回の訪問を楽しみにしている。2018年2月26日、Sabpanya Bilingual Schoolは、Mohd Aini Atan氏のラオスでの11ヶ月がよいものとなるよう願っている。彼は2017年3月26日に大使に就任して1年目の記念日となる。Sabpanyaはまた、最近第一書記官に昇進したJohan Arief Jaafar氏に期待している。この中国の新年がすべての人に将来の繁栄をもたらすことを願っている。

【2018年02月26日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 教育

2018年02月24日

Xekong水力発電所への企業の関心

増大する市場ニーズを満たすために多くのダムが設立されたにもかかわらず、ラオスからの水力輸出の需要は、引き続きペースを集めている。政府は、外国企業が土地に水力発電プロジェクトを建設する許可を与えるだけでなく、地元の起業家に再生可能エネルギー計画を策定させることも許可している。今週、当局は、総発電容量33MWの3つの水力発電プロジェクトを発展させたい地方企業(MP建設会社)のフィージビリティ・スタディの期間を延長した。反対に、2014年以来、これらのプロジェクトの調査を実施している。逆に、これらのダムがその国を深刻な社会的および社会的影響を与えないようにするためにも、徹底的なプロジェクト調査が必要だ。環境への影響"プロジェクトの調査は18ヶ月かかり、調査の結果を関係当局に報告してレビューし評価する。調査の結果が肯定的であれば、開発者はダム建設のために「先に進む」ことが認められるだろう。最初の調査によると、ナムヨン(ヨン川)沿いに3本のダムが建設されることが分かった。これらには、9MW、Yeung 5ダム(10MW)、Yeung 7ダム(14MW)の設備を備えたYeung 3ダムが含まれていた。これらのダムから生産された電力はすべて、EDL(Electricite du Laos)に売却され、その後、国内で販売され、他の国に輸出されている。 Phetsamone氏は、このプロジェクトが実現すれば、これらのダムからの電気は、プロジェクトが位置するDakcheung地区などのXekong省での社会経済開発と貧困削減努力を支えると語った。 Xekongは多くの人々が貧困から抜け出すために奮闘しているラオスの貧しい県である。山岳地域の人々は依然として電気を利用できていない。しかし、同県は、省の経済成長の主な推進役を担うことができる輸出の水力発電の可能性が高い。現在、総容量88MWのHuay Lamphanダムの建設が完了している。さらに、15MWの総容量を有するHuay Lamphan 2ダムが建設中であり、2020年に操業する予定である。ラオスは水力発電をさらに発展させ、さらなる経済成長を促進できる。同国は現在、46,757MWの容量を有する46の発電所を有し、毎年約35,608GWhの電力を発電している。エネルギー鉱山省によると、ラオスは2020年までに1万MWの電力を開発する予定であり、2030年には20,000MWに増加し、これは国内需要を大幅に上回るだろう。

【2018年02月24日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 水力発電

2018年02月23日

地元の食品メーカーはODOPのリストでお土産市場に着目

ラオス経済の持続的な成長を促進する上で、これらの部門の運営者が重要かつ拡大する役割を果たすと見られている現在、政府はマイクロビジネスと中小企業(MSME)の促進を目指している。この目的のために、政府はすでに小企業、企業、新興企業の設立を支援するための他の誘因とともに中小企業振興基金を設立している。重要なプロモーション政策と政府の誘因に続いて、多くのマイクロビジネス、企業、新興企業が設立され、その内の多くが国内外の認知を求めてる。最も印象的な例の1つは、Maetouブランドの下で豚肉と牛肉のジャーキーがあり、2つの異なるタイプで提供される食用のお土産を作っている。スパイシーでオリジナルだ。プロダクトをほぼ1ヶ月前に発売した後、プロデューサーMaetou Lao Food Industrial Factoryは食品医薬品局の食品安全証明書を申請し、One District One Products(ODOPビエンチャンのChanthabouly地区のアイテム。 Maetou Lao食品工業工場のオーナー、Sitthida Thammavong氏はビエンチャン・タイムズに、2018年ラオス観光年にラオスの食のイベントでおいしいお土産を提案しようと考えていると語った。「ラオスに来られる外国人旅行者の方々によい思い出とともにおいしいお土産を持って帰っていただく、これは私たちにとって良いチャンスがやってきた。」と述べ、政府の社会経済開発計画の成果向上にも貢献すると付け加えた。 ODOP上場申請の計画に加えて、この家族経営の企業は、Talat Saoショッピングモール近くのM-Pointマートで最初のステップとして製品を販売しており、その商品を販売する常設店を探している。 ODOP認定を達成するためには、政府、特に産業商務省の多くの厳しい基準を設定されている。規定の1つは、ODOP受領者は、50人以下の生産プロセスを持つ企業、工場、および企業を代表する必要があるということ。最も重要なのは、製造プロセスで使用される原材料は現地調達され、植え付けられ、育てられ、体系的な保護と管理下で自然に栽培されたものであること。また、生産とデザインは地域文化やラオスの伝統に特有のものでなければならない。各製品は、消費者と環境に対する健康、生命、財産および利益の安全を確保するために、様々なセクターの要件、基準、原則に従って作成されなければならない。異なる企業によって製造され、所有されている同様の製品の場合、設計、包装、ロゴに関しては類似していないはずである。同省はまた、輸入原材料を20%以上含有する製造業者および個人は、ODOPの認定を与えられないと述べている。製造工程での違法原材料の使用は、ODOPの規則と基準にも反する。知的財産権の原則に違反する模造品、偽造品、違法な製品は、ODOPのステータスを付与することは認められていないが、人の健康や環境に悪影響を及ぼす可能性のある製品も受け入れることはできない。昨年、商工省の貿易部は、ODOPの商標を部門から130件以上、17の州と首都から484件の製品を認定したと報告した。

【2018年02月23日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | ビジネス