2018年01月02日

ラオスセメント会社がIPOを開始

ラオ・セメント・パブリック・カンパニーは、ラオ証券取引所(LSX)で1200万株以上の株式公開(IPO)を開始した。ラオス証券委員会事務所の承認を得て、同社は2400キップ毎の価格で12,001,200株の取引を提案した。契約期間は、LSXのウェブサイトによると、2017年12月21日から2018年1月4日までである。全国の主要インフラの建設はかなり成長してきており、中国‐ラオ鉄道といくつかの水力発電、ハイウェイプロジェクトは、今後3年間でラオスの経済発展計画の重要な一部となる見込み。同時に、セメントおよび建築材料分野での競争は急速に拡大しており、これらの問題に対処するため、ラオス・セメントは将来の開発活動のために資本市場から資金を調達する予定だ。ラオス・セメント(Lao Cement Company LimitedまたはVangvieng II Cement Plantとして知られている)は、ラオス農業産業開発企業Imp-Exp & General Services (DAI) と the China Yunnan Corporation for International Techno-Economic Cooperation (CYC)との合弁のもと1999年に設立され、国内消費、輸出のためのセメントおよびセメント関連製品を製造販売してきた。 2014年の資産総額は1,374億6,700万キップ、2015年は1,244億7,400万キップ、2016年は1259億1,400万キップであった。同社の売上総利益は2014年に253億7200万キップ、2015年に313億800万キップ、2016年に196億2100万キップとなった。2014年の純利益は59億2600万キップ、2015年の78億6,000万キップ、2016年の54億1,000万キップであった。同社の登録資本金は83億6,000万キップであり、株式持株比率は60%(CYC)、40%(DAI)となっている。同工場では、1日に約700トンのセメントを生産できる新しい乾式生産ライン技術を採用している。ラオスは現在16のセメントプロジェクトを持っているが、そのうちのいくつかはまだ建設中である。現在の生産量は440万トンであるが、すべて稼働を開始すると年間生産量は676万トンとなる。

【2017年12月22日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 16:34| Comment(0) | 株式市場