2018年01月31日

WTOの下での貿易円滑化協定の加速を目指す

ラオスは、世界貿易機関(WTO)のカテゴリーBに基づく貿易円滑化に関する合意を実施するための時間枠を設定し、カテゴリーCでの技術援助と資金調達を模索している。ラオスは2013年にWTO加盟協定を批准したが、貿易円滑化に関する協定は、首都での協議会では確実な問題として早い段階で起こりえることではないと聞いている。さらに、ラオスは、最低開発途上国と発展途上国のグループの一員であるため、これらの協定に関連する時間枠およびその他の措置の設定に関して、準備する時間を与えられている。貿易円滑化に関する協定の実施状況を評価するために、WTOのガイドラインに沿って前進するというコミットメントの一環として、貿易円滑化に関する協定の実施を評価するために、商工省下の輸出入部がビエンチャンで協議会議を開催した。この会合は、輸出入部のKhemdeth Sihavong副総局長が議長を務め、貿易開発施設マルチドナー信託基金(TDF 2)の後援を受けた。Khemdeth氏は、政府がラオスで適切なビジネス環境を構築する努力の一環として、貿易円滑化を改善するために努力していると語った。
「最も重要なのは、我々は国際基準に沿った貿易システムの近代化、特にWTOによって標準化された貿易円滑化に関する協定の近代化に取り組んでいる」と付け加えた。Khemdeth氏は、この協定を実施することは、2017年から2022年までの貿易円滑化と促進の優先事項の1つであると述べた。 「カテゴリーBは、TDF事務局によって最終決定された初期実施期間を測定するが、法的改善のためにはまだ時間が必要であり、カテゴリーCは国際機関からより多くの時間と援助が必要」と付け加えた。 2013年にラオスがWTOの加盟国として正式に承認されたにもかかわらず、国際基準を満たすためには、様々な貿易円滑化措置の継続的な改善が必要である。協議会の結果は正式に公表されなかったが、TDF事務局の技術責任者によると、参加者の大部分は2018年12月31日までにカテゴリーB対策の実施に合意した。

【2018年01月31日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易

2018年01月30日

フォーラム ラオスをデジタル時代に導く

第1回デジタルフォーラムがビエンチャンで開催され、世界的なデジタル経済革命とラオスの中小企業の潜在的利益、そしてこのデジタル経済の恩恵を受けるために必要な政策環境に焦点が当たった。若手起業家と米国大使館は、ラオスのICT商業協会、ラオス全国商工会議所、科学技術省、郵政省と提携してイベントを開催した。米国国際開発庁(USAID)は、ラオス・インターナショナルとアセアン統合(LUNA)プロジェクトを通じてこのフォーラムを支援した。アメリカの企業であるMicrosoft、Visa、Facebookがスポンサーになっている。 Keonakhone Saysoulien氏、科学技術省のデジタル技術局長は、ラオスの現在のデジタル技術に関する最新情報を提供した。情報化時代には、技術とイノベーションの発展が急速に拡大した。デジタルへの転換は、先進国が進展する上で重要な要素である。デジタル技術は仕事の効率を向上させるツールであるだけでなく、日常生活においても重要な役割を果たしている、と彼は述べた。ラオスは、国際市場にリンクするためには、経済成長と開発を加速し、地方レベルで中小企業のマーケティングを強化するためにデジタル技術の使用を改革する必要がある、と彼は付け加えている。 Phoukhong Chithouplok氏は、ラオスの情報通信技術(ICT)の推進に使用された政策と規制に関するプレゼンテーションを行った。 「私はスマートフォンを手に入れ、Bolaven Plateauからコーヒーを注文し、Huaphan県の絹織物とXieng Khuang県のもっちりとした米を注文し、オンラインで支払い、それをビエンチャンの私の家に届けさせることを楽しみにしている。それはデジタル経済の力であり、未来への私のビジョンはそれほど遠くはない」Facebookの成長パートナーシップであるHuy Nguyen TuongはFacebookの新しいイニシアティブ「ラオスの無料基礎」ラオスのインターネットサービスとFacebookへの無料アクセスを提供するプログラムを発表した。アセアンは、主に携帯電話の使用量が増加することにより、インターネット利用において世界で最も急速に成長している地域である。 2006年から2015年の間に、アセアンのモバイルインターネットユーザー数は198百万人から7億8400万人に増加した。アセアン地域の急速な経済成長と大規模な青少年の人口は、この地域がデジタル経済の恩恵を受ける態勢が整っていることを意味している。

【2018年01月30日ヴィエンチャンタイムズ紙より】

posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | IT

2018年01月29日

ビジネス紛争解決を強化する新法

ラオスの事業者には、ビジネスのさまざまな側面を管理するための一般的に受け入れられている原則や規制がないため、さまざまな課題がある。政府関係者は先週、民間セクター代表と会談し、経済紛争解決法の改正について議論し、ラオスでの事業運営の改善と事業者と政府の双方に利益をもたらすことを目指した。ラオスは現在、世界銀行が発行している「Ease of Doing Business」リストで、昨年139位であったが現在は190カ国中141位に位置しており、10カ国のアセアン加盟国のうち9カ国目である。ラオスの格付けを向上させるために、中央レベルから地方レベルへの規制や行政の仕組みの改善に積極的に取り組んでいる。先週のワークショップのオープニングで、ラオス商工会議所(LNCCI)のオウデット・スヴァンナヴォン氏は、Thongloun Sisoulith首相はラオスが投資とビジネス環境を大幅に改善する必要があるとし、2020年までに事業の容易さのランキングで2つ上げる必要があると述べた。オデット氏は、ワークショップが法案の改善と内容の明確化に役立ち、その後政府に提出させることを期待している。米国政府が資金を提供するLUNA IIプログラムは、ラオスへの貿易と投資の促進を目的としている。このプロジェクトの目標は、経済的機会を創出し、国の生活水準を向上させることである。LUNA IIのチーフ、ダニエル・フィッツパトリック氏は、「我々の主な任務は、ラオスが貿易約束を遵守することを支援することである。我々はラオスが世界貿易機関とラオスが米国と二国間貿易協定(USLBTAと呼ばれることもある)の下でラオスが行った約束に主に焦点を当てる。貿易協定は、商業紛争の解決の手段として仲裁を利用可能にするために、米国とラオス両国に求める。さらに、各当事者は、そのような報奨を承認し、実施するための制度と手順を確立する必要があるとフィッツパトリック氏は述べている。これらの問題はいずれも、経済紛争解決法の草案で取り上げられている。これがLUNAUが法を修正するための法務省の取り組みを支援している理由だとフィッツパトリック氏は述べた。経済紛争法に関する草案が掲載されたとき、LUNA IIがこのイベントでLNCCIを支援することは当然のようだと付け加えた。 LNCCIは公的な私的対話を促進するという任務を果たし、USAIDのLUNAはラオスが仲裁制度を発展させるのを助ける。この法律の背後にある根本的な問題は、「ラオス特有の解決策は、ビジネスマンや他の投資家に、正当な権利が認められ、施行されることをより確かなものにしてくれるか」である。

【2018年01月29日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 経済