2013年04月30日

政府が家禽類の中国からの輸入を禁止

ラオス政府はH7N9鶏インフルエンザウイルスのラオス国内での拡散を防ぐため、中国からの家禽類輸入を禁止した。
先日、農林省の畜水産局が中国と国境を接しているルアンナムターとポンサリー県の職員に対し、鶏インフルエンザウイルスの発生が落ち着くまで、中国からの家禽類輸入を禁止するよう指示した。
家禽製品の輸出については許可するよう、同省は両県の保健関係当局に対して指示している、とポンサリー県畜水産課副課長Ms Somchith Keomany女史が昨日当紙に話した。. 彼女によると、ポンサリー県はウイルス拡散防止の施策の一つして、この決定を地元関連機関にも通知したという。「ポンサリー県畜水産課では、地方エリアでの動物の健康推進における技術スタッフ支援のための資金には非常に限りがある」とも言う。「ルアンナムター県は危険なH7N9ウイルスについての情報を発信し、県都の市場や中国との国境近くの村などのターゲットエリアでのウイルスを監視する、鳥インフルエンザ予防チームを設立した。」とルアンナムター県畜水産課課長Mr.Khampheng Phanachan氏が話した。
毎年ラオスは数トンの鶏肉、鴨肉などの家禽製品を中国からルアンナムター・ポンサリー県経由で輸入しているが、関係当局は正確な鶏の頭数はわからないという。一部の人々は中国との国境近くの村に住んでいるため不法に輸入を行っており、関係当局が輸入をコントロールしようとしても対処が難しく、大きな問題となっていると言う。ラオス国内でのウイルス拡散防止のため、畜水産局はその他の県に対しても、ウイルス発生の兆候に対しより警戒するよう求めている。
現在のところH7N9はラオスでは報告されていないが、チャイナデイリーニュースによれば、中国で新しい型の鳥インフルエンザウイルスの感染開始後、23名の死亡者を含む、121名の感染者が報告されている。
タイやマレーシアなどのその他の近隣諸国でもH7N9型はまだ発見されていないが、中国からの家禽類製品の輸入を禁止している。台湾の保健当局は水曜日に台湾で初のH7N9型インフルエンザ感染者を確認したとし、感染者は53歳の男性で、江蘇省の蘇州市から戻って3日後に症状が始まったとして、台湾国外での感染とされている。

【2013年4月30日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 貿易