2013年04月06日

新国立図書館、博物館建設開始

新国立図書館及び国立博物館の建設工事がヴィエンチャン県サイタニー郡で木曜日に着工した。カイソンポムヴィハン博物館近辺のシヴィライ村で行われた着工式には、Bosengkham Vongdara情報文化観光省大臣や、その他同省、ヴィエンチン行政機関からの高官、招待客らが参加した。
現在の図書館と博物館は、増加する蔵書や蔵品の収容に手狭になったため、同省は別の場所に新庁舎建設を政治局、党中央委員会事務局、政府に対して提案した。
2012年4月30日、政府は新庁舎の建設が文化的に重要だと判断し承認した。
同発表に続き、新庁舎建設についての調印が2012年9月16日に国立文化会館で情報文化観光省とChitchareun Construction Co., Ltdの間で交わされた。新博物館の建設については2012年9月18日に同省とKhamphay Sana Construction Groupで調印式が行われた。
新しい国立図書館は4階建て、83.1m×41.6m、敷地面積は11,780uとなる予定。建設費は400億kip(約5百万USD)。同意書では同省は既存の図書館を再開発の用途として建設業者へと提供することになっている。
新国立博物館は建設費1000万USD、同じように建設業者に既存の建物と土地を提供する。新国立博物館は5階建て56m×80mの建物となり、敷地面積は29,600u。
新しい建物の概観は、ラオススタイルのデザインを特色にしつつ、現代的ヨーロッパスタイルのデザインが取り入れられる。2015年の半ばに建設完了する計画。
先日、情報文化観光省はthe TK Road and Bridge Construction Companyに対し、シサタナーク郡ポンパパオ村のカンペンムアンロードにヴィエンチャンタイムズとパサソン紙のオフィスとして建設費270万USD、3階建てのビル建設の許可を出している。新聞社の新オフィス建設は3月25日に開始し、少なくとも2年はかかると見られている。

【2013年4月6日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 建設