2013年03月29日

ヌハックプムサワン記念公園2015年までに完成

Borsaikham Road, Bridge and Irrigation Construction Companyはカイソンポムヴィハン博物館管理部門と、サワナケット県におけるヌハック・プムサワン元大統領に捧げる記念公園建設に関する契約書に署名を行った。同社取締役のMr.Saysamone Douangsopha氏が水曜日に当紙に話したところでは、3月22日に起工式を行い、カイソンポムヴィハン郡に1haの公園を建設する工事が現在進行中であるという。
 Borsaikham Road, Bridge and Irrigation Construction Companyが建設費を出資し、後日資金回収する。建設費は総額173億kipと予測され、2015年までに工事が完了する予定。公園は旧スタジアムの向かい側に位置し、元大統領の巨大な像や噴水、庭園、緑地など様々なものが建てられるという。また、同地には二つの建物が建設され、一つは観光客向け、もう一つはラオスの歴史における元大統領の一生に関する情報を提供する。
公園の景観とデザインは国家解放闘争の英雄とされるヌハック元大統領へ捧げるに適したものとなる予定。ヌハック元大統領はラオスの最も偉大な指導者のうちの一人だとされている。

 ヌハック・プムサワン氏は1992年から1998年まで大統領を務めた。1975年12月に連合政府が政権政権を獲得した際、ヌハック氏は副首相兼財務相となった。1982年4月に内閣会議の初代副議長に選任され、1986年11月に経済問題担当として内閣会議の常任委員となった。2008年9月9日に逝去した。
 同記念公園は2015年までに一般公開される予定。若者もラオスの歴史や国家解放戦線の偉大なる革命指導者について学ぶことができるようになるだろう。
起工式では共産党党員でもあるBounnhang Vorachit副大統領、Mr Soukanh Mahalathヴィエンチャン市長、Dr Souphanh Keomixayサワナケット県知事などゲストが招待された。
Borsaikham Road, Bridge and Irrigation Construction Companyはシェンクワン県のベトナム国境沿での56km道路建設など、様々な政府の建設プロジェクトを請け負っており、アッタプーやカムアン県でも道路建設を行っている。

【2013年3月29日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(2) | 都市開発