2013年03月06日

チャンタブリーの年間平均所得が1900万kipに上昇

 ヴィエンチャン中心部チャンタブリ郡の年間平均所得が1900万kip(約2400ドル)に上昇し、国全体の平均1200USDに対し同郡は所得の最上位層となっている。チャンタブリ郡の社会的・経済的発展は近年着実に成長しており、GDPの現在1兆2480億kipとなっている。
副郡知事のMr Chanthone Latthachak氏は先日の会議にて、2012年の草の根・地域開発、貧困撲滅運動の要約と評価、及び2013年の郡のワークプラン策定を行い、上記の情報を共有した。会議にはヴィエンチャン副都知事Mr Somvandy Nathavong、郡知事Mr Phoykham Houngbounyuang氏も出席した。農村開発と貧困撲滅を監督しているChanthone副郡知事は、チャンタブリ郡は15億kip相当の7つの政府出資事業によって恩恵を受けている、と話す。同郡は道路修繕にも7億5000万kipの予算が与えられている。徴税は390億kipに到達し、昨年比14%増で目標値より50億kip上回った。
 チャンタブリ郡は首都の4つの郡のうちのひとつで、商業、投資、経済活動、銀行、ホテル・レストランの中心地である。同郡は寺院やその他古い建物で観光者にも人気だ。
同郡には30ヶ村、1万2396戸あり、総人口は7万5030人。多くの人が商業者、サービス業者として従事している。

【2013年3月6日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 経済