2013年02月28日

大統領がベトナムのアッタプーへの投資を評価

 チュンマリー・サイニャソン大統領が、アッタプー県でのベトナム投資家による投資を、双方に利益をもたらすような投資のモデルである、と評価した。
 2月25日にアッタプー県でベトナム投資家の会合で、チュンマリー大統領は投資家に対、、彼らの投資が地元の人々の貧困削減に貢献するように、地元民の利益確保を優先事項にするよう要求した。
チュンマリー大統領は、ラオスとベトナムの国家や政党は、ラオスでのベトナム投資を高く評価している、と述べた。「ベトナム企業によるラオスへの投資はラオス・ベトナムにとって、特にラオスの人々の貧困削減という点で実に有益である。」「アッタプー県でのベトナム投資プロジェクトで最も傑出しているのは、Goang Anh Gia Laiグループ(HAGL)で、他のベトナム投資家の良いモデルとなっている。同社の成功は学ぶ価値がある、と大統領は話した。

【2013年2月28日KPLニュースより】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 投資

2013年02月26日

金の価格が下落傾向

 ラオスでの金の価格が依然として下がっており、貴金属購入が長期投資として検討する人々への機会開放となっている。ヴィエンチャンのタラートサオモールの店舗では、金1バーツ(15g)で今月半ばに6,680,000kipだったものを昨日は6,340,000で販売していた。
金の価格下落の主な理由の一つとしては、世界の市場における貴金属の価格の下落がある。昨日のゴールドバー販売価格は1オンス1,583USDであったが今月半ばは1,671USDであった。ニュースエージェンシーAPによると、ゴールドバー価格の下落は投資家が金を売り、それを世界経済が上昇している今、株式へと投資している、という。投資家は世界経済が上昇気味であるので、株式市場は短期間で利益を出せると考えている。
もし世界経済が低調になり始めたら、大部分の投資家がまた金を買い戻すだろう、というのも金は最も良い投資利回りを生み出し、最も安全な方法の一つであると考えるからである、と経済学者は話す。
 ラオスの金取引業者は、ラオスは世界市場への金供給者であるが、国内での金販売価格は決して安くはない。ラオスで製造される金製品の全ては加工のために一旦輸出し、また再輸入している、と話す。ゴールドバー価格の下落は、今がラオスの人々が金購入を検討する良い時機であることを意味する、と取引業者は言う。金の価値は年間少なくとも10%ずつ上昇しており、長期的投資となるだろう、とも言う。

【2013年2月26日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 投資

2013年02月25日

発電増加で株主収入急増

 発電ディベロッパー・Lao Holding State Enterprise(LHSE)が2012年の水力発電プロジェクトで、ナムトゥン2(NT2)から約1240億kip(1550万USD)の配当を受け取った。「この数字は目標を22.33%上回った」とLHSE社長のDr Somboune Manolomが金曜日に発表した。 LHSEは2005年2月に設立され、最初の投資はNT2水力発電プロジェクトであった。同社はNamThuen 2 Power Company Limited(NTPC)の25%のシェアを所有している。「我々は、利子付きでの金銭貸与契約に基づき、約376億キップ(470万USD)の元本と利息を財務省に返済した。」とDr Sombouneがヴィエンチャンで開かれた同社の年次会議で話した。会議ではDr Sombpune氏が、財務省に124億kip(150万USD)の配当税を支払った、とも話した。LHSEはまた、先週2011年分の利得税として200億kip以上支払った、とプレスリリースが発表している。
 NT2は1,070MWの設備容量を擁した、ラオスで開発された唯一で最大のプロジェクトである。「2012年に発電所で産出した電気は6,029GWhに到達した。これは目標の1.56%プラスだ」とDr. Somboune氏が話した。電気は主にElectricity Generating Authority of Thailand(EGAT)へと輸出され、残りはラオス電力公社(EDL)へと販売される。
 NTPCははEGATへの電気販売で1兆8000億kip(2億3440万USD)、EDLへの販売で985億kip(1230万USD)を含む約2兆kip(2億4700万USD)を得ている。NTPCは発電所で400名の社員を雇用しており、そのうち363名がラオス人となっている。LHSEはラオス政府が発電への投資促進のために設立され、同社ができて7年間、電気セクターは急速な成長を遂げてきた。同社は現在9基の発電所の株主となっており、設備容量5,393MW、年間292億2000万kWhの発電が可能である。LHSEが保有している9基の水力発電所とは、NT2、ナムグム3、XePian-Xe Nam Noi, Nam Ngiep1、Nam Thuen 1、Xekong4、Xekong5、Namkong1、Hongsa Thermal 発電である。

【2013年2月25日ヴィエンチャンタイムズ紙より】
posted by amzgroup at 00:00| Comment(0) | 水力発電